山留計画の検討

山留(構台)計画の流れ

1.資料等の確認
建物の平面、基礎の形状、ボーリングデータ等

建築物等の平面図及び断面図
構造計算(山留の高さの確認及び支保工設置時の支保工配置の確認のため使用します)
施工(施工機械の配置、作業半径等の検討に使用します)

土質柱状図(ボーリングデータ)
構造計算(山留壁にかかる土圧を算出するために使用します
施工(施工機械検討に使用します)

2.現状の確認(状況に応じ)
現地にて、周辺地域の状況を確認(現地までの搬入路、架空線、側溝等)

隣地に建築物がある場合その階数及び、基礎の形状(直接基礎あるいは杭基礎)
構造計算(建物の上載荷重算出及び、周辺への影響があるか考慮するために使用します)
施工(施工機械検討に使用します)

3.山留(構台)の検討
資料及び、現地確認等の資料にて山留の工法を決める。
工法(自立式、水平切梁式、作業構台が必要な場合は構台も含む)
山留壁(親杭横矢板工法・鋼矢板工法・SMW工法等)
支保工(水平切梁工法・グラウンドアンカー工法他)
決定した工法に沿った山留の構造計算を行う

計算完了後、決定したサイズにて図面作成

4.計画完了
決定した山留(構台)計画をお客様へ提案し、修正等があれば再度検討、計画を行う
桟橋・構台の計画に必要な主な資料
建築物等の平面図及び断面図
構造計算(構台の幅、形状等の検討のために使用します)
施工(施工機械の配置、作業半径等の検討に使用します)
構台等に乗る最大の重機の重量・吊荷重(重機のカタログ)
構造計算(桟橋、構台の部材の計算を行うのに使用します)
土質柱状図(ボーリングデータ)
構造計算(支持杭の根入れ長算出に使用します)
施工(施工機械検討に使用します)
使用期間